導入事例

圧力下でのフィーダー使用例

圧力容器内に秤・フィーダー・拡張ホッパーを設け、添加剤を供給する装置です。

装置概要

圧力容器内に秤・フィーダー・拡張ホッパーを設け、添加剤を供給する装置。

客先要求事項

●圧力容器内の空気を窒素に置換するので最大1kg/cm2の圧力がかかる。

●加圧/減圧容器内でのロスイン制御運転。

原料のイメージ

●粉体物性は見掛比重が重く、微粉。又、空気に触れると物性変化が起こる。

ABD=1.24   CBD=1.52   安息角=43°

設計上のポイント

●容器内部の供給機や秤への入線の為の仕舞工事。

●圧力容器の耐圧強度計算及び溶接方法。

●モータや供給機のシール部最大使用圧力は0.3kg/cm2なので劣化が早く、定期的なオーバーホールが必要。

  • 前へ
  • 一覧へ戻る

KUMABlog

CADデータダウンロード